SDD TALK & LIVE@淡路SA

SDD TALK & LIVE@淡路SA

1

1月14日(土)

出演:嘉門タツオ(MC:小早川秀樹)

 会場には約400名が集まり、DJ小早川秀樹が飲酒運転撲滅の取り組みを紹介した後、嘉門タツオが登場。フリートークでは、気になった食べ物は?という小早川の問いに対して、「淡路島はたまねぎを推してくる。隙あらばたまねぎを・・・(笑)」と、たまねぎが丸ごと入ったカレーを食べて、おいしかったとコメント。
また、笑福亭鶴光に16歳で弟子入りし、転機となったエピソードや、桑田佳祐が“嘉門”という芸名の名づけ親となったいきさつなど、嘉門タツオの芸能人生で影響を受けた人を軸にトークを展開しました。

 スペシャルライブでは、「アホが見るブタのケツ」や「鼻から牛乳」などのヒット曲から、昨年2016年12月にリリースした32枚目のアルバム「食のワンダーランド」に収録の「炎の麻婆豆腐」や、おなじみの替え歌などを立て続けに披露。さらに、放送では言えない時事ネタをとりこんだ替え歌で、集まった親子連れなどの観客を終始沸かせ、会場は大きな笑いに包まれました。

 ライブの後は、再び小早川とともに飲酒運転についてのトークパートとなり、飲酒運転についてどう思うかという小早川の問いに、嘉門タツオは「社会のモラルが、昔の常識とかわって、いい方向にスライドしていると思います。絶対してはいけません。運転するときは絶対に飲まない、ということを徹底していけば、100%(ゼロ)に近くなるのでは。」と語気を強め、メッセージを伝えました。