11.その他システム

JFN CS-IPシステム

CS-IPシステムはJFNの衛星を使ったネットシステムであり、Aライン、Bラインがあります。
太陽雑音などにより衛星からの信号が受信困難なときは、IP伝送を使った音声CODECでバックアップするシステムも包含しています。
また、ラインネット以外の番組素材は、JFN情報ネットシステムを使用して、BWF-Jフォーマットの音声ファイルとして搬入されます。

STL

STL架、STL送出架及びTSL架は中之島の旧社屋からの移設ですが、2mφの3.4GHz帯パラボラアンテナは、新たに建設した地上高75mのアンテナタワー上部(地上高70.8m)に設置しています。
このSTL送出架には、サウンドプロセッサーなどの機器が各2系統実装され、その入力までデジタル信号で伝送されます。
 

(写真) アンテナタワー

標準時計装置

放送局では正確な時刻が必要なため、放送局仕様の「標準時計装置」と呼ばれるものが設置されます。 この標準時計装置は標準信号発生部を2式実装し、時刻校正はテレフォンJJYで対応しています。
放送設備の時刻情報は全てこの装置から発信されています。

MDF

局内の各種回線をまとめ、系統変更などを容易にするため、MDF(配線盤(主配線盤))という設備があります。
MDFはラック室に設置し、放送系のマスター設備と各室間のデジタル信号線、アナログ音声線、タリー(確認信号のこと)や機器制御用の制御線、電話などの構内線、及び映像・RF用の同軸線等収納しています。
端子板は同軸を除いてラッピング端子板を使用し、また正面、背面扉を開けることにより作業効率を上げています。
また、NTT回線立ち上げ端子もこのMDFに収納しています。
 

(写真)MDF

ネットワーク

LANを大きく分けるとDAW系、EDPS系、一般OA系、スタッフ系、財務系があります。
DAW系はラック室に設置されたABMサーバ群を中心に、EDPS系を含めたネットワークで完全2重化され、APCシステム、DAFシステム、JFNシステム及び見えるラジオシステムに接続されています。 DAW系はマスター、スタジオなど放送系は1000Base(ギガイーサ)で、その他は100Baseで構築され、ネットワーク架から各室間には予備線や将来対応としてDAW系に、光ケーブルも布線しています。

予備送信機と業務無線装置

出力300Wの予備送信機は、中之島の旧社屋からの移設です。また400MHz帯業務無線基地局装置は2011年に更新しました。
各アンテナはSTL同様アンテナタワーに取り付けられています。
予備送信機と400MHz帯業務無線基地局装置のアンテナは地上高69.0mと同じ高さに取り付けられていますが、取り付け面を異としています。
写真はSTL送出架、STL架、TSL架そして予備送信機です。
 

(写真) STL、TSL、予備送信機

警報監視装置

マスター装置、DAF、JFNのCSサテライトシステム、送信所からのアラーム等全てのアラームを、FM 大阪で製作した「警報監視装置」に入力され、ログを記録すると共に必要とされる場所にブザーを鳴らし、専用PHSにアラーム情報を転送します。
また、表示画面には初期対応のメッセージも表示されます。入力数256、アラーム項目選択機能付き出力数32(内16はブザー用有電圧送り、残りの16はフリー接点)、アラームは最大20グループに分類し、メンテナンスをする場合はその機器が含まれるグループを警報回路から切り離す事が出来ます。
警報装置本体PCはラック室の雑用2架にあり、監視・制御はマスター室においても可能で、技術スタッフ室では画面監視のみが出来ます。