活動報告

2018 - 2019年

テーマ:あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。

内閣府、警察庁、法務省、国土交通省、大阪府、大阪市、堺市、大阪府警察、交通遺児等育成基金をはじめ、70以上の関連省庁や団体の後援、約80社の「飲酒運転撲滅」を願うパートナーが参画。
集まった募金は¥23,248,221となり、昨年に続き全額を交通遺児等育成基金及び同基金内に設立したSDD基金に寄付致しました。

2018-2019 SDDプロジェクト 募金贈呈式のご報告

「LIVE SDD 2019」では、SDDプロジェクト12年間の活動による約180万人のSDDメッセンジャーの想いが結集。SDD基金を活用した、音楽の道を目指すSDD音楽奨学金のサポートを受ける奨学生を発表し、SDD音楽奨学生決定通知書を手渡ししました。
SDDプロジェクトは、今後も交通遺児たちの音楽の夢と未来を応援します。

LIVE SDD 2019

実施日:2019/2/23(土)
実施場所:大阪城ホール
出演アーティスト:STARDUST REVUE、TRF、大黒摩季、Skoop On Somebody、ゆず、家入レオ、超特急、chay、ハジ→、ジェニーハイ、FANTASTICS from EXILE TRIBE、大前光市
総合司会:小倉智昭
LIVE SDDメッセンジャーズ・アーティスト:Portoneon、DREAM MAKER SDD全国こども書道コンクール:森大衛

JD共済 presents SDD全国こども書道コンクール

飲酒運転撲滅を目指す最前線の企業である『ジェイ・ディ共済協同組合』の提供、『SRSホールディングス株式会社』の協力のもと、全国4地区から、こどもたちの言葉による大人に向けた飲酒運転撲滅のメッセージを書で募集し、コンクールを行いました。
各地区4組の優秀賞に選ばれたこどもたちが、各放送局内で実施の『SDD全国こども書道コンクールアワードセレモニー』に参加。
そのアワードで、各地区の最優秀賞作品1作品をさらに選出し、各地区の最優秀者は、2/23(土)に大阪城ホールで開催された『SDD全国こども書道コンクール グランドパフォーマンス』に参加。書家の森大衛さんのリードのもと、4名の地区代表者が心を1つにして、LIVE SDDのステージで1つの作品を作り上げました。

主催 ジェイ・ディ共済協同組合、SDDプロジェクト(FM OH!)
協力 SRSホールディングス株式会社
後援 北海道、北海道教育委員会、北海道警察、札幌市、札幌市教育委員会、小樽市、小樽警察署、札幌方面北警察署、砂川警察署、青森県、青森県警察、岩手県、岩手県警察、宮城県、宮城県警察、気仙沼市、秋田県、山形県、山形県教育委員会、山形県警察、福島県、福島県警察本部、茨城県、茨城県警察、栃木県、宇都宮市、宇都宮市教育委員会、栃木県警察、群馬県、群馬県警察、埼玉県、埼玉県警察、千葉県警察、東京都、警視庁交通部、神奈川県、神奈川県警察、新潟県、新潟県警察、富山県、富山県警察、石川県、石川県警察、福井県、山梨県、山梨県警察、長野県、長野県警察、岐阜県、岐阜県警察、静岡県、静岡県警察、愛知県、愛知県警察、愛知県港警察署、三重県、三重県教育委員会、三重県警察、滋賀県、滋賀県警察、守山市、守山警察署、守山市教育委員会、野洲市、京都府 京都府警察 大阪府、大阪府教育委員会、大阪府警察、大阪市、堺市、堺市教育委員会、兵庫県 兵庫県警察 神戸市 奈良県 奈良県教育委員会、奈良県警察、橿原市教育委員会、和歌山県、和歌山県警察、鳥取県、鳥取県教育委員会、鳥取県警察、島根県、島根県警察、岡山県、岡山県警察、岡山県教育委員会、広島県、広島県警察、広島市、東広島市、山口県、山口県警察、徳島県、徳島県警察、香川県、香川県警察愛媛県、愛媛県警察、高知県、高知県教育委員会、高知県警察、福岡県、福岡県警察、福岡市、粕屋町、佐賀県、佐賀県警察、長崎県、長崎県警察、熊本県、熊本県警察、熊本市、大分県、大分県警察、宮崎県、宮崎県警察、鹿児島県、鹿児島県警察、沖縄県、沖縄県警察、一般財団法人全日本交通安全協会、一般社団法人全日本指定自動車教習所協会連合会、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)、全国飲食業生活衛生同業組合連合会、株式会社東京交通新聞社、公益社団法人全国運転代行協会 ≪順不同≫
企画・制作 AIR-G'、K-mix、FM OH!(FM OSAKA)、FM FUKUOKA
事務局/
問い合わせ
『SDD全国こども書道コンクール』事務局
募集対象 日本国内在住の小学生、中学生
実施場所 北海道、静岡、大阪、福岡 ※募集は全国から
実施日時 (1)募集 2018年11月1日(木)~2019年1月15日(火)必着
(2)地区審査 2019年1月18日(金)~20日(日)
(3)アワードセレモニー(表彰式) 2019年1月26日(土)、27日(日)、2月2日(土)、3(日)のいずれか
(4)グランドパフォーマンス(LIVE SDD 2019)  2019年2月23日(土)
制作協力 森大衛(書家)

●LIVE SDD当日には出演アーティストの皆様にも、書道でSDDのメッセージ発信に挑戦していただきました。

交通遺児等育成基金内SDD基金を活用した「SDD音楽奨学金」制度

LIVE SDDなどを通じて、SDDメッセンジャーからお預かりした毎年2000万円以上のドネーションをこれまで交通遺児等育成基金、そして同基金内に設立した「SDD基金」に毎年半分ずつ積み立てをしてきました。

SDDプロジェクトがスタートして10年間経ったLIVE SDD 2017のステージでこの「1億円のSDD基金」を活用する「SDD音楽奨学金」制度のスタートを発表しました。

これは、交通遺児等育成基金に加入する「交通遺児」のうち、音楽学校を志す学生を対象として実施するもので、「LIVE SDD 2019」のステージ上で、奨学生に選ばれた学生1名に、今回も決定通知書が手渡されました。
ステージには交通遺児等育成基金の小幡政人会長も登壇し、暖かい拍手と言葉をSDD音楽奨学生に捧げました。
SDD音楽奨学金は、これからも「こどもたちの音楽の夢」を応援するために継続してまいります。

SDD音楽奨学金概要

1. 応募資格

交通遺児育成基金事業加入者であって、次年度の4月に次の学校に進学する者が応募できます。

  • ①音楽大学
  • ②音楽短期大学
  • ③大学教育学部教員養成課程音楽専攻
  • ④高等学校音楽科

注)

  • ・専修学校(専門学校、高等専修学校等)は対象外です。
  • ・基金加入遺児が対象です。加入者の兄弟は対象外です。
  • ・④高等学校音楽科にあっては、在学中の者も応募できます。
  • ・満19歳に達して基金の給付が完了していても、高校在学者は応募できます。
  • ・高校在学中に応募して給付内定し、入試不合格だった者は翌年再応募できます。

2. 奨学金給付額(返済の必要はありません)

A:前項①~③に進学する場合

入学お祝い金20万円、奨学金月額10万円

B:前項④に進学する場合

入学お祝い金10万円、奨学金月額5万円

  • ・1年更新です。通常の修業年限まで更新することができます。
  • ・他の給付型奨学金との併給はできません。貸付型奨学金との併給はできます。
  • ・所属大学・高校の特待生となり、学費の全額又は一部を免除される場合でも受給できます。

LIVE SDDメッセンジャーズ・アーティスト

2014年より始まった『LIVE SDDメッセンジャーズ・アーティスト』。全国に約180万人存在するSDDメッセンジャーの投票応援エントリーとSDDプロジェクトによる厳正なる審査の結果、『Portoneon』、『DREAM MAKER』に決定。LIVE SDD 2019のステージから音楽で飲酒運転撲滅のメッセージを発信していただきました。

エントリー期間 LIVE SDDメッセンジャーズ・アーティスト
▼ネット選考
2019年1月15日(火)~1月31日(木)
エントリー数 9組
応援メッセージ
エントリー数
4,111通

Portoneon

DREAM MAKER

SDDメッセンジャーキャンペーン

SDDの輪をさらに広げるため、リスナーのみなさまにSDDのメッセンジャーとなっていただくべく、ステッカーを自動車や自転車などに貼っていただくキャンペーンを展開しました。
普及促進のため、「SDDメッセンジャー・ラッキーウィーク」(2018年11月1日(木)~11月30日(金)および2019年1月1日(火)~1月31日(木)にそれぞれグルメ杵屋お食事券1,000円分×500名様、計1,000名様)を設け、ステッカーを貼った様子の写真をメールでお送りいただきキャンペーンにエントリーされた方の中からお食事券が当たる抽選を実施しました。

SDDメッセンジャーステッカー

ポスター

イベント

SDD TOKYO MEETING@TOKYO TOWER
supported by Pernod Ricard Japan
実施日時:2018年11月4日(日)
実施場所:東京タワー正面玄関前
ゲスト:海蔵亮太、須澤紀信、The Super Ball(※出演順)
MC:RIO

SDD TALK&LIVE
supported by MHD モエ ヘネシー ディアジオ
実施日時:2018年9月29日(土)
実施場所:runway
ゲスト:コアラモード.、古澤孝之(リーガロイヤルホテルマスターバーテンダー)
MC:遠藤淳